fc2ブログ

あの時のきんに君は伏線だった



年明け初の練習報告です!矢野です!
あっという間に1月も終わりですね!本番まであと1ヶ月なんて信じられない。
その間にも色々と予定が盛り沢山なので、練習以外の日々にどれだけ積み重ねるかにかかっていると思います!負けない!
でも先週のカラオケ大会は結局負けた…


それはさておき土曜日の夜、体型の話になった時のことです。
顔面ホクロの民であり肩幅の民でもある私は二の腕が痩せない事で悩んできたのですが、その話の流れで腕を触ってもらったところ、めちゃくちゃ筋肉があることが発覚しました…‼︎
良かった脂肪だけじゃなかったー!でも…全然嬉しくもなかった……

筋肉がついた理由は恐らく、スーパーブラック葬儀花屋で働きアリとして仕事をした3年間の積み重ね。

芳賀さんからの提案で、痩せる、というより鍛えることで体型を良くしていく方向に変えた方が良い。ということで、これから頑張ってみることに。

でも「筋肉付けると自信が持てる」というのは近年よく聞きますし、自信無い病の私には、自信を持つチャンスなのかもしれません。
頑張ろう。
いつかまた開催されるかもしれないマリエッティの腕の筋肉選手権で優勝するまで頑張ろう…!



練習報告です

○場所

雪の影響で中央公民館は使えず、急遽原市場公民館をお借りしました。対応してくださりありがとうございます🙇‍♂️


○参加メンバー

アラヤダ❤️芳賀さん
ATフィールドナツさん
心がカサカサになったランナーさん
心がズタズタになった島田さん
心がホロホロになった古畑さん
全身に潤いを得た雅子さん
ルート:ゴリラに方向転換矢野さん
大人に混ざって頑張るユキさん
等身大の禰󠄀豆子を頑張るツキさん

大大恩人✨えむたけさん



この日は午後からえむたけさんが指導に来てくださることになっていたので、午前中はナツさんの指導でダンスの振り&フォーメーション。
時間が無いのでクオリティは各自で上げるしかありません。
練習だろうとお客さんへの意識、サービス精神を持つこと。ついつい一生懸命やるだけになって忘れてしまう事です。
この舞台を観てくれる中学生や先生達は、誰が何年やってるかなんて知りません。
あの人カッコいいな、素敵だな。そう思ってもらえたなら誰が何と言おうとその舞台で一番は自分。
年数も経験値も関係ない。
舞台は団体芸、チームプレイ。でも、それも同じくらい忘れない!自分が一番の意識!ドヤれ!!


午後からはえむたけさんに指導していただき、主に「パーソナルスペース」について学ぶ時間になりました。


舞台の上、どこにいても同じようにお芝居ができるようにすること。
自分はどこに立つと苦手になるのか。
左右どちらが居心地が良いのか。
お客さんとの距離、役者同士の距離、話しやすい距離、話しにくい距離。
もっと言えば、誰なら安心できて、誰だと不安になるのか。

私とナツさんでは歌の時、大体1mくらいの距離感で歌うことが殆どでしたが、前回公演で後ろと前(階段の上と下)になった時はすごく歌い辛かったことを思い出しました。

演出上離れる事があったとしてもお互いの心を感じて、近くで歌う時と同じように出来る様になる事。
台詞の時も同じです。離れていても心を寄せる。


このパーソナルスペースは心情ともリンクする物で、同じ相手でも怒っている時や嬉しい時では距離が変わってくると思うので、舞台をやる上では本来とっても大切な知識だったのですが、正直今まで何となくでやっていて、ちゃんと考えた事がありませんでした。

後半は、みんな苦手な恋人同士の距離感…!!
恋人同士の演技ができるようになれば良い役も勝ち取れるし、舞台の幅も広がります。

そして今回は主に男性→女性の練習となり、その女性役を買って出てくれたのがなんと雅子さん。



「全然良いですよ!最近男性と触れ合う事がなかったのでむしろ嬉しいです!全然やります(´∀`*)」

…笑って良かった事なのか最早分からないですけどね、ごめんなさいね。めちゃくちゃ笑いましたよね。
あまりに直球だし、面白すぎちゃってね。
流石は音楽部のトップYouTuber…この女…強いぞ…

ということでいざ!!



………



………



あれ…?



で、できないっ…!!


できない理由は各々あると思います。

NGほぼ無しいつでもウェルカム雅子さんというありがたい存在が居てくれたのですが、やはりそうは言っても難しかった恋人の距離感。

お芝居をしていて、
「いや自分はこういうキャラじゃないんで…」
という壁みたいな変な物にぶち当たる事ってあると思います。自分で作り出した障害物です。全く無い人も居るのかもしれませんが。

恋愛になると特に「恥ずかしい」「経験がない」「嫌がられてしまうかも」「申し訳ない」という思いや苦手意識が出てしまいますよね…相手が居る方に対しては特に。
あとは自分が近付かれるのが嫌い、気持ち悪い、という事もありますが、舞台においてやるべきは"良いものを見せる"こと。

結局行きつく答えは一つしかないのに、色んな自分の事情で分からなくしてしまっていました。

そんなこんなで大苦戦して終わってしまった今回の練習ですが、それでもとても意味のある時間だったと思います。
勿論、難しかったねーで終わったら何も得るものは無い訳なので、様々な間柄、その距離感に対応できるようになる事、これから台本を読み込む時に必ず意識して作っていきます。

えむたけさん、今回も本当にありがとうございました。


反芻したいことばかりで毎回長くなってしまいますが、練習報告は以上です!

そういえば私も家に帰って旦那さんに、誰かと恋人役になったらヤキモチ焼いてくれるかどうか聞いてみたところ、

「ううん妬かない。全然」
と倒置法で否定されたのですが、

これは、妬いてます(確信)

おい!!!強がんなよ!!!!!!


スポンサーサイト



2023年02月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム