fc2ブログ

本気でやるから面白い




こんにちは!ついに30歳になりました矢野です。
20代になりたての頃30歳ってもっと落ち着いてるというか…「大人」だと思っていたんですけど、全然変わらないものですね。気持ちは25歳くらいから殆ど変わってない。

しっかりもしてないし落ち着いてもないけど、まだまだ何でもできるなって気持ちはすごくあるので、そこは良かったです(^^)

たまにしか書けない練習報告ですが今回も本題より余談多めでお送りします!




◎練習場所
精明地区行政センター

◎参加メンバー
泥団子インキャ歴の功芳賀さん
泥団子磨くの絶対やめないナツさん
オンリーワンの面白さモリソバさん
あっさり裏切った泥団子はぷよぷよランナーさん
腹チラ慌てて隠すたまちゃん
授業中に気絶みさきち
25歳から成長していない矢野

負けず嫌いは母譲りゆきちゃん
平和主義つきちゃん
魔法陣グルグルハチさん改め「はちさん」
治ったのに相撲とろうと言われた雅子ちゃん
私とは1年以上ぶりだね!アイアイ
ビッグサプライズ✨瀬戸ファミリー


◎練習内容

アップ
今日も悲鳴を上げながら頑張った!

その後からはひたすら5月23日の高麗祭の練習!劇団音楽部は流石だと言ってもらえる為には妥協はできません。
手の角度、タイミング、見せ方、課題がたくさん…
ナツさんと私は久しぶりに歌の練習も!
久しぶりに一緒に歌えてめっちゃ楽しいー!!でもやっぱり課題は多いです💦(というか、いろいろ忘れてて前よりヘ…タ……え…?あれっ…!?あれー!!!?)
歌について少し最後の最後にメモします。

本番が終わるまではとにかく高麗祭の練習がメインです。あと3週間後には本番!まだまだまだ上手くなれます!

以上!








以下、ぐだぐだの余談(お日記スペース)



今日は途中アイアイと瀬戸ファミリーが遊びに来てくれました!
瀬戸ファミリーは予告が無かったのでみんなで大騒ぎ。妖怪赤子攫いまで現れる始末…!
赤ちゃんの気持ちそっちのけでほぼ全員抱っこさせてもらいました❤️たくさん泣かせてごめぇん!
とにかく可愛かったー!


この日は練習後、雅子ちゃんの快気祝い〜夜中まで劇団×音楽部の思い出映像をみんなでニヤニヤそわそわしながら観たり、過去の公演に鳥肌たってスタンディングオベーションしたり、やっぱりこんなご時世でも舞台に想いを馳せて長々喋ったり…気付いた時には朝!笑

少し寝てから、芳賀さんの「土取りにいくよ」で起床(?)
良い大人と子供たちで近くの山へ。…どういうことなの…?

実は芳賀さんがGW前から企画していた泥団子大会の為の土採取でした。
このコロナ禍になんて健全な団体なんでしょ!子供たちの為?いやいやそれもあるけどそれ以上に大人が本気で優勝をかけて挑みました!!
わたし絶対勝てると思ったんですよね。小さい頃鉄球みたいなツヤッツヤのやつお父さんと作ったし。デニムで磨くとこまでやったし。

ところがどっこい、芳賀さんがトンデモナイやつ作ってました。まん丸。流石は発案者!
と思ったらナツさんが「パンストで磨くと良いらしい」と自らのパンストを分割して、有ろうことか一つ100円で販売し始めたのです!抜かりがない!
はちさんは無謀にも買ったパンストで土をこし始め、まさこちゃんは水っぽい、土か泥か判断し難いものをしばらくこねた後、挫折して写真撮影係をしてくれました。
途中、愉快なお隣さんが親子3人土をこねこね参戦してきたのですがその泥団子の表面があまりに滑らかで…ザワつく一同。
それまで私たちと頑張っていたランナーさんがお隣さんに寝返り、滑らかな土を貰って作り直すという大事件が起きました。絶対許しません。

その後躍起になって磨く人、団子に名前をつけて可愛がる奇人、サラサラの砂を探しに行く人、見つけたサラサラの砂の在処を200円で売る人まで現れあっという間に2時間半が経過。
キリがないのでタイムリミットを決めて優勝を決めることになりました。

結果はやはり芳賀さんの優勝!キモチワルイ程まん丸でした。センスでしょうか?経験でしょうか?それとも陰キャ歴の長さでしょうか!?悔しいです!!結局3時間くらい泥団子作ってましたね。
もう終わりだって言ってんのに誰も磨くのやめない笑

途中で泥団子が割れちゃって悔し泣きするユキちゃんを優しく抱きしめながら慰めるナツさんの手……

……団子磨いてるッッ!!!


名残惜しくて埒があかないので最後は投げて壊しました。壊すのって一瞬…
ただ一人芳賀さんは壊さず大事にとっておくことにしたそうなので、もしかしたら艶が出るまで諦めないのかもしれません(^^)

この日は天気も良くて、子供たちもみんな楽しそうにお団子を作っていて、とにかく本当に最高でした!!


こういう事を本気でやれるって楽しいですよね。
大人気ないとかじゃなくて、大人だからこその本気の遊びみたいな。
小さい頃「大人になる」ことは、遊びが無くなるようなイメージを漠然と持っていました。
だからこういう風に、泥団子ひとつ取っても本気で楽しめる大人って最高です。はたから見たら子供にも容赦なく泥団子で勝とうとするの流石にちょっと頭おかしいかもしれないけど。

「遊びも大事」
これをすごく感じた日でした。

劇団の人達ってこんな風にずっと、いくつになっても楽しいんだろうなって嬉しくなると同時に、それでも変わっていくものもあるんだろうな。と少し寂しさも感じました。

当たり前の事だけど今この瞬間が一番若くて、今しかできない事も間違いなくあって、自分一人の気持ちだけで言えばいつでも何でもできる!なんて思うけど、みんなで何かをやるなら今が一番なんだろうなと思う。

芸術は歳を重ねるからこその知識や経験が深みとして表現することにいきると思うので、歳を重ねる事にマイナス意識はあまり無いんです。
ただ他の誰かと関わっていきたいと思うとき少し考えてしまいます。いつまでできるだろうって。
いつまでもみんな一緒にできないから、できる今を一番楽しくしたいな。
なんだか書いてて寂しく聞こえるけどこれは前向きな感情です。

劇団音楽部の思い出映像を観て、この頃もきっと本気で全力でやってたから、今と同じで一番楽しくて幸せだったんじゃないかなぁと勝手に考えてしまいました。ほんと勝手に…

そしていつも重たく考えてしまうけど、趣味なのですみません(^^)💦



そういえば過去作品「アンとロイド」のDVDを借りてるのですがまだ観てません。

何でかと言うと"絶対良い"と思うからです!!


オープニングとエンディングだけ先に少し観たのですが、もうそれだけで絶対と言いたくなる。
本番であの瞬間の世界を作れただけで大成功じゃん!と悔しくなってしまいました。笑
なにそれと思うかもしれないですけど、良い作品って観るまで怖いんですよね。

心が掴まれると感情が引っ張られてシンドイですし、思い馳せちゃうし、泣くようなシーンでは感情移入し過ぎてそのキャラクターと同じ熱量で泣いてしまうし、あまりに良いと何故か悔しくなるし、期待値が上がり過ぎちゃってるので裏切られたら、という心配もありますし…←これは無駄な心配だと思いますけど。

だから映画にしろアニメにしろ何にしろ、あ、コレ絶対好きだな〜と思うものってちょっと覚悟してから観たり聴いたりしてます。難儀な性格だなと思います。

ので!観る時期を決めました!!


高麗祭が終わって、次の舞台の最初の台本を貰ったら観ます!!!

大好きな舞台の緊張感とか、引き込まれるような世界観とか、迫力みたいなものを感じさせてもらって、次の舞台に臨みたい。

好きな作品って一人で観たいとも思うけど、これに関してはすぐ誰かと喋りたくなっちゃいそうだからやっぱり誰かと観ようかな…誰か一緒に観ませんか?笑
今度劇団に行ったときお誘いしよう。


それではまた書ける日まで🐟






















○歌について自分メモ
今回歌っていて自分なりに感じたのは、曲(またはフレーズ)によって、「コーラス」なのか「ハモリ」なのかで歌い方は変わってくるということ。今更だけど忘れないように!

コーラス→メインボーカルに寄り添って引き立てる歌い方、あくまで引き立てるので前に出過ぎない。響かせ方合わせると良い気がする。7:3くらい。

ハモリ→主旋律はあるけど、お互いしっかり色を出す。でも個々で突っ走らない。世界観は揃える。6:4くらい。5:5で良い時もあり。
知ってる曲だと「ハルモニア」とか5:5ならマクロスの「ライオン」みたいな感じ。

・echo…ハモリ多。
部分的にコーラス(Ahで歌うところ)

・ワスレナグサ…基本コーラス。
ラストサビはハモリ。5:5くらいでもいいかも。

・Life…コーラス。最後は強く。
ハモリじゃなく裏旋律?

・慰めの雨…ほとんどハモリ。

スポンサーサイト



2021年05月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム