fc2ブログ

それじゃないやつで

こんにちは!
久しぶりの練習報告を書きます。矢野千佳です^^

新型コロナウイルス感染症が拡大して日常生活にも変化が出て、なかなか以前の様にはいかない事も多いのですが…
ほんの少しでも、短い時間でも、こうしてまた劇団の練習に参加できる自分はとても幸せです。
特に最近は部長と歌練習ができるのが楽しくて!!
誰かと歌えるって最高です。

その反面、好きなことにストイックに向き合うというのは辛く感じる事もあるんですけどね!
録音して聴いてみると、「あれ?あんまり綺麗じゃない」
出来ない自分と向き合うのはしんどい…でもできる様になれたら、できた時の喜びはすごい。
自分の想いや思想が誰かに響くかどうかは分からないけど、今は頑張りたいです。できるかどうか分からない事も。


今日の流れはザックリ↓

*今週のダンス
*動画撮影(内容はお楽しみ…に…)
*歌練習


今週のダンスはヒールで踊ることを断念しました〜
まだまだまだ未熟者でした。
簡単な振りほど、細かいところを繊細に、且つ個性を出していくことが大切。
アピールしていくということですね。
でも今回は天使参戦ということで、勝ち目なしですw

Youtubeに動画を上げてますのでそちらをぜひ覧ください^^


歌練習は2人1組で。
今回私は教える側になりました。

またまた歌のお話ですが、教えるのってむっずかしい!!

まず歌の基礎って何だろう…と考える。
・発声…お腹から声を出す。地声、ミックスボイス、裏声を使い分ける。音域を広げる。
・発音…子音を意識して丁寧に発音する。言葉として、詩として伝える。
・身体作り…全身を使える様に鍛える。肺活量、腹筋、声帯トレーニング。
・音程…耳を鍛える。声帯の使い方を耳も使って覚える。


この辺りのことがある程度できれば、カラオケで「上手い」と言ってもらえるのではないでしょうか。
1に音程、2に音域、3に声量って感じですよね。それもかなり大変なのですが!


歌も芸術なので、当然個性があり、その人にしか出せない味や魅力があるものです。
音程が取れなくても、綺麗な声じゃなくても素敵な歌はありますし、時には歌詞なんて無くても心を揺さぶられたりするので不思議ですよね。
いつかお世話になっているお寺の住職さんが、「歌は良いですね。歌は天に届く力を持っていますから、まっすぐ届きますよ」と言ってくれたことがとても嬉しかったです。

さて少し逸れましたが、上記のことを教える?伝えることがとっっっても難しい。
人に教えることは自分の成長にも繋がるということなのですが…
私は恐らく感覚で生きてるタイプなので、自分ができることを分析して論理的にまとめたり伝えたりすることが苦手です。
だから論理的に教わるのも苦手です。

しかし例えば論理的に教わる方が分かりやすいと感じる人に自分ができる限りの技術を伝える為には、やっぱりそういう方法で伝えた方が良いのでしょうか、それとも上手く教えられさえすれば、感覚的な伝え方でも伝わるものなのでしょうか。
人に教えるぞと意気込む度、空回っているような…
でもこれから先、人に教える機会はできれば沢山欲しいです。
何がその人にとって一番分かりやすいのか試行錯誤しながら自分の技術も磨きたい。

芳賀さんは普段部員一人一人に合った指導を考えてくれるので、その苦労が少しだけ分かった気がします。
反対に教えてもらう立場としては、受け取る力を養いたいですね。


自分のことばかりですが、今週の報告は以上です!
次行ける練習では、初めての「振り付け」を担当します。ひゃー!
スポンサーサイト



2020年07月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム